ブログ:「福の湯」さん ごちそうさま

国分寺の「福の湯」が今月末で店仕舞いをすると聞き、廃業3日前の日曜日に訪れました。

 牛乳石鹸の暖簾のかかった入口
 牛乳石鹸の暖簾のかかった入口

国分寺駅から北上すること7,8分のところに「福の湯」はあります。

通り過ぎてしまいそうな、あまり人目をひかない小さな入口に、「1月31日を以て閉店します。長い間ご利用頂き厚く御礼を申し上げます。」と書かれた紙が貼ってありました。「閉店」の文字だけ赤字になっているのが、なぜか寂しげに感じました。

 

女湯と書かれたドアを開けると、中はまさに昭和の脱衣場。その先に、光の差し込む浴室が広がります。

 

創業から55年。先代のご主人でしょうか、ご老人が大きな藤の脱衣籠を片づけています。番台に座った女将さん(若女将?)から、「おじいちゃん、……」と声をかけられていました。

 

脱衣場も、ガラス越しに広がる浴室も、随所に昭和銭湯の趣があふれています。特に目を引くのが、木の格天井から鉄の鎖で吊り下げられた大きなランプ。4本の蛍光灯が天井扇のように組み合わさっていて、空間にすごくマッチしています! 当時はモダンなものだったのでしょうが、今では昭和レトロの風格です。

 

4時を数分過ぎたばかりでしたが、すでに中には先客のおばあさんが一人腰かけていらっしゃいました。大きな窓のある明るい洗い場。あと数日で店仕舞いということもあり、後からやってくるであろう常連さんを思い、一番下手に席を取りました。

 

壁には富士山のペンキ絵。西伊豆の風景で、今は亡き早川利光さんの筆。つい最近描かれたように綺麗ですが、平成19年作。貴重な作品です。残すことは難しいのでしょうか… 随分開放的な雰囲気で、何と右はじに小さくバスが描かれています! ペンキ絵でバスは初めてです。きっと子供たちが喜んだことでしょう。ペンキ絵の下の錦鯉のタイル画も、色はややあせてはいても、華やかです。そして、湯船のタイルが、これまた私好みの深い緑色! 深風呂と浅風呂のシンプル風呂でゆっくりできます。

 

隣の男湯では、常連さんたち数名が、今日の朝食の献立話で盛り上がっています。

 

途中、小学生の姉妹がふたり連れで浴室に入ってきました。子供ふたりで銭湯とは渋いですね~ てきぱき、丁寧に洗っているところを見ると、随分、銭湯慣れしているなと思っていたら、5、6分後におばあさんも続いて入ってきました。薪で沸かしたお風呂で、体の芯からあったまりました。

 

風呂から上がり、脱衣場にいると、先ほどの男湯のお客さん一人が出てきて、番台の女将さんにクレームです。

「熱くて入っていられねえよ。もう燃やさないでよ。」

「おじいちゃんが、残ってもしようがないからと言って、どんどん薪くべているのよ。」

それを聞いて、しんみりしてしまいました… 今日を含めて、あと4日なのですね。常連さんも何も言い返せなくなってしまったようです…  

女性客が一人、服を脱ぎながら、女将さんに話しかけています。

「こんな恰好で失礼ですが、お世話になりました。これからはどうぞゆっくりとしてくださいね。」

 

外に出ようとしたら、番台の女将さんに呼び止められました。

「ヤクルトどうぞ。」

見ると、冷えたヤクルトがたくさん置いてあります。これもそうですね… 一本ありがたくいただきました。某銭湯のご主人が、お風呂屋さんへのお礼の言葉は「ごちそうさま」が正式だと、どこかで書いていました。何となく通ぶっているようで、今まで一度も使ったことはなかったけれど、初めて使ってみました。

「ごちそうさま。」 そして、55年間お疲れ様でした。 (ゆ)

行政書士事務 Office Tsuru

行政書士 水流(ツル) 正秀  

行政書士 水流(ツル) ゆかり

■住所
東京都三鷹市下連雀3丁目27-1 三協ビル

■電話

0422-29-9107

■FAX

0422-29-9105

■営業時間
10:00~18:00

土・日曜日、祝日はお休み

(事前予約で土日対応可能)

Office Tsuru ブログ

リンク