ブログ:震災から一年

あの日から一年が過ぎました。

一年前の今日、皆さんは何をしていましたか。朝起きて、今日やることを整理しながら家を出て、いつもと同じように昼食を食べて、そして午後2時46分、あの地震が襲いました。

家族はバラバラに過ごしている時間帯で、私や私の周りにいた人たちもみな家族に連絡が取れず、心配な時間だけがどんどん過ぎていきました。 テレビでは、津波が襲ってくる様子が克明に映し出されていました。この世の終わりのような光景を目の当たりに、なすすべもなく途方に暮れるばかりでした。

この震災で亡くなられた方・行方不明の方は2万人にのぼり、さらには、原子力発電所事故で避難を余儀なくされた方は、もう数えきれないほどに膨れ上がり、事故の終息にもまだまだ気の遠くなるほどの時間が必要です。

震災から1年がたった今、我々が考えなくてはならないことは何なのでしょうか。

自然災害に対する備えをすることもありますが、それ以上に自然を敬い大切にすることが必要だと思います。 利便性と経済性のみを追求した行き過ぎた開発は、自然のいたるところに歪みを生じさせ、歪みを矯正しようとする自然の力の反発によって、大災害が起こってしまったような気がします。

もう一度、自然について考え直す時が来ているのではないでしょうか。

 

 

 

行政書士事務 Office Tsuru

行政書士 水流(ツル) 正秀  

行政書士 水流(ツル) ゆかり

■住所
東京都三鷹市下連雀3丁目27-1 三協ビル

■電話

0422-29-9107

■FAX

0422-29-9105

■営業時間
10:00~18:00

土・日曜日、祝日はお休み

(事前予約で土日対応可能)

Office Tsuru ブログ

リンク